インクジェットでののぼり旗作成にかかる値段は?

個性的な宣伝をしていくために、オリジナルののぼり旗インクジェットを
専門業者に作成してもらうとなると気になるのは値段ですが、
まずは注文する枚数によって変わる場合があるということを
覚えておくと良いでしょう。

例えば、1枚から9枚であれば1枚あたり1,300円ぐらいですが、
30枚ぐらいであれば1枚あたり1,200円ぐらいにあるといった感じです。

お得に

これぐらいであれば少ししか金額差はありませんが、
のぼり旗インクジェットは納期のタイミングによっても
金額差が生じますので、次はその点を覚えておくと良いでしょう。

のぼり旗インクジェットは、早く手に入れようとすればするほど
金額が高くなるものです。出荷が遅くても良いという人は、
そういったプランを選択すれば、安く済みます。

まったく急いでいないのに、急ぎのプランや通常の発送プランで注文するのは
もったいないですから、ゆっくり出荷する安いプランを選択して注文すると良いでしょう。

仕方

そして、のぼり旗インクジェットの値段が決まるもう1つの重要なポイントとなるのが、
データの用意の仕方です。オリジナルのデータでのぼり旗インクジェットを作ってもらうと
なると、まずはデータを入稿しなければなりませんが、用意の仕方によって
数千円単位で費用が変わってくるのです。

お金がかからないのは、イラストレーターを使って作ったデータを入稿するという方法です。
逆にお金がかかってしまうのは、エクセルデータや手書きでデータ入稿をした場合です。

のぼり旗インクジェットで印刷を依頼した場合に納期は?

のぼり旗インクジェットの注文をした時に気になることといえば金額のことですが、
人によっては納期が気になるという場合もあるでしょう。

急ぎでのぼり旗インクジェットを手に入れたい時には、
なるべく早く発送してもらいたいものです。

急ぐ

なお、オリジナルのデザインののぼり旗インクジェットを注文した場合には、
通常だと5営業日ぐらいに発送手続きをしてくれるものです。

通販サイトでは、翌日に届くように手続きをしてくれたり、
当日に届くように手続きしてくれることもありますから、
5営業日だとタイミング的に遅いと感じてしまう人もいるでしょう。

土日は休業日で手続きを行わないという業者もありますから、
土日をまたいで注文を終えた場合には、6日後の発送になってしまうことになり、
随分と遅く感じてしまうことでしょう。

イベント当日に間に合わないということが出てくることもあるでしょうから、
気を付けておきたいところです。

ちなみに、叔父デザインののぼり旗インクジェットの納期として
とても早い対応というのは、翌営業日の発送です。

月曜日に注文・校正が完了した場合には火曜日の発送となり、
金曜日でも月曜日の発送となりますから、かなり早く
のぼり旗インクジェットを受け取ることができると言えます。

タイミング

ただし、急ぎで発送をしてもらう場合には、特別料金が発生することがありますので
注意しておきたいところです。

本当に急ぎで送ってもらわないとまずいという時は仕方ないですが、
受け取るタイミングに関して余裕があるのであれば、通常のプランで十分でしょう。

激安でのぼり旗インクジェット印刷をしてもらうには

のぼり旗インクジェットを注文する際には、ネット通販サービスを利用することになります。

ネットから必要となるデータを入稿することで、様々な手間を省くことになります。
その結果、激安で仕上げてくれるサービスが多くあります。

元々ネット通販サービスは料金が安く設定されていますが、さらに工夫することにより
激安でのぼり旗インクジェットを利用することが可能です。

安く

まず必要とするデータですが、多くのサービスはあらゆる種類のデザインソフトに
対応しています。けれども中にはソフトを限定して入稿を受け付けているサービスがあります。

このようなサービスでは、比較的料金を大幅に安くしているケースが多く見られます。
また、デザインのテンプレートを用意するサービスもありますが、自分でデザインを
行うことでデザイン料を抑えることになります。

また、のぼり旗インクジェットで使用する生地は色々とありますが、最も安価なものを
選ぶことも必要です。もちろん耐久性は落ちますが、作り直すサイクルを早めることで
集客力を高めることができます。

抑える

あるいはチェーン店などが多い場合には大量にのぼり旗インクジェットを頼むことになります。

その場合にはシルクスクリーン印刷を頼むことで、単価を下げることができます。
このように幾つかの工夫をすることで、安く利用できる通販サービスでさらに
激安料金で仕上げることが可能となります。

もちろん、宣伝効果を考慮して注文することが大切です。