効果を感じられるのぼり旗によく使用される規格

効果を発揮

のぼり旗にはいくつかのサイズが有ります。オリジナルのサイズを作ることも可能ですが一般的に使用されるものとしては小さい物で幅450mm高さ1400mm、大きな物で幅900mm高さ4000mmの物が有ります。そのなかでよく利用されるのが、幅450mm高さ180mmのものと幅600mm高さ1800mmのサイズです。

このサイズの規格は特に規定されているものではありませんが、のぼり旗の効果を考えると非常に理に適ったものです。のぼり旗は一般的に店舗前の歩道や駐車場の端などに並べて設置することが多く、等間隔に連続的に設置することで高い効果を発揮します。

歩道を歩く人や道路を走行する車から見えやすいように設置しますが、この高さが1800mm程度が最も視認性が高く、目に入りやすい高さであるためです。
また、一般的にのぼり旗を設置するポールの高さは約3m程度になっていることから、地面から1.2mのところが最も印刷面の下になり、庫の高さだと路肩の生垣等に遮られて見えなくなることが避けられるため、前面の文字が見えやすいという効果も有ります。

期待できる

幅については文字が見えやすく、風などで煽られても折れ曲がったりしない点を考えると、450mmまたは600mm程度が最も適度な幅となるため、高い効果が期待できる幅となるのです。
そのため、この大きさののぼり旗が非常に多く、実質として標準的な規格となっている面があります。数が大量に出ることから多くののぼり旗メーカーでは価格を安く設定している場合が多く、一般的に利用されるサイズの規格となっているのです。

インクジェットでののぼり旗作成にかかる値段は?

個性的な宣伝をしていくために、オリジナルののぼり旗インクジェットを
専門業者に作成してもらうとなると気になるのは値段ですが、
まずは注文する枚数によって変わる場合があるということを
覚えておくと良いでしょう。

例えば、1枚から9枚であれば1枚あたり1,300円ぐらいですが、
30枚ぐらいであれば1枚あたり1,200円ぐらいにあるといった感じです。

お得に

これぐらいであれば少ししか金額差はありませんが、
のぼり旗インクジェットは納期のタイミングによっても
金額差が生じますので、次はその点を覚えておくと良いでしょう。

のぼり旗インクジェットは、早く手に入れようとすればするほど
金額が高くなるものです。出荷が遅くても良いという人は、
そういったプランを選択すれば、安く済みます。

まったく急いでいないのに、急ぎのプランや通常の発送プランで注文するのは
もったいないですから、ゆっくり出荷する安いプランを選択して注文すると良いでしょう。

仕方

そして、のぼり旗インクジェットの値段が決まるもう1つの重要なポイントとなるのが、
データの用意の仕方です。オリジナルのデータでのぼり旗インクジェットを作ってもらうと
なると、まずはデータを入稿しなければなりませんが、用意の仕方によって
数千円単位で費用が変わってくるのです。

お金がかからないのは、イラストレーターを使って作ったデータを入稿するという方法です。
逆にお金がかかってしまうのは、エクセルデータや手書きでデータ入稿をした場合です。

通販ののぼり旗の用途も色々

宣伝

通販で購入できるのぼり旗は、様々な用途に使うことができます。
一般的なのぼり旗の用途は、店舗の店先に設置する使い方です。

街中にあるコンビニやドラッグストア、ファミレスなどの前には、
のぼり旗が設置されています。

売りたい商品や店舗のアピールポイントを印刷することによって、
店先を歩く通行人や車を運転中の人に宣伝することができます。

のぼり旗には高い集客効果と認知効果があるとされるので、
最も一般的な使い方です。
通販で購入したのぼり旗は、イベントを開催するときにも使われています。

神社のお祭りや商店街の催しなど地域のイベントから、コンサートや
スポーツ大会など大規模イベントまで、規模の大小は関係ありません。

会場となっている場所やその周辺に設置して、イベントを盛り上げています。
さらに通販で購入できるのぼり旗は、交通安全や防犯目的でも使われています。

交差点などにドライバーへの注意喚起のために設置したり、空き巣やひったくり注意など
防犯目的で設置することによって、人々の安全を守る役目もあるのです。

通販で気軽に購入できるようになったので、様々な場所で使われています。
様々な用途に使われていることから、のぼり旗の通販では数多くのデザインが
用意されています。

目的に合ったデザインののぼり旗を購入するのも良いですし、
オリジナルで制作することも可能です。

通販で購入するときは、目的に合わせてデザインを選ぶことによって、
設置したときの効果を高めることもできます。

目的

激安でのぼり旗インクジェット印刷をしてもらうには

のぼり旗インクジェットを注文する際には、ネット通販サービスを利用することになります。

ネットから必要となるデータを入稿することで、様々な手間を省くことになります。
その結果、激安で仕上げてくれるサービスが多くあります。

元々ネット通販サービスは料金が安く設定されていますが、さらに工夫することにより
激安でのぼり旗インクジェットを利用することが可能です。

安く

まず必要とするデータですが、多くのサービスはあらゆる種類のデザインソフトに
対応しています。けれども中にはソフトを限定して入稿を受け付けているサービスがあります。

このようなサービスでは、比較的料金を大幅に安くしているケースが多く見られます。
また、デザインのテンプレートを用意するサービスもありますが、自分でデザインを
行うことでデザイン料を抑えることになります。

また、のぼり旗インクジェットで使用する生地は色々とありますが、最も安価なものを
選ぶことも必要です。もちろん耐久性は落ちますが、作り直すサイクルを早めることで
集客力を高めることができます。

抑える

あるいはチェーン店などが多い場合には大量にのぼり旗インクジェットを頼むことになります。

その場合にはシルクスクリーン印刷を頼むことで、単価を下げることができます。
このように幾つかの工夫をすることで、安く利用できる通販サービスでさらに
激安料金で仕上げることが可能となります。

もちろん、宣伝効果を考慮して注文することが大切です。