効果を感じられるのぼり旗によく使用される規格

効果を発揮

のぼり旗にはいくつかのサイズが有ります。オリジナルのサイズを作ることも可能ですが一般的に使用されるものとしては小さい物で幅450mm高さ1400mm、大きな物で幅900mm高さ4000mmの物が有ります。そのなかでよく利用されるのが、幅450mm高さ180mmのものと幅600mm高さ1800mmのサイズです。

このサイズの規格は特に規定されているものではありませんが、のぼり旗の効果を考えると非常に理に適ったものです。のぼり旗は一般的に店舗前の歩道や駐車場の端などに並べて設置することが多く、等間隔に連続的に設置することで高い効果を発揮します。

歩道を歩く人や道路を走行する車から見えやすいように設置しますが、この高さが1800mm程度が最も視認性が高く、目に入りやすい高さであるためです。
また、一般的にのぼり旗を設置するポールの高さは約3m程度になっていることから、地面から1.2mのところが最も印刷面の下になり、庫の高さだと路肩の生垣等に遮られて見えなくなることが避けられるため、前面の文字が見えやすいという効果も有ります。

期待できる

幅については文字が見えやすく、風などで煽られても折れ曲がったりしない点を考えると、450mmまたは600mm程度が最も適度な幅となるため、高い効果が期待できる幅となるのです。
そのため、この大きさののぼり旗が非常に多く、実質として標準的な規格となっている面があります。数が大量に出ることから多くののぼり旗メーカーでは価格を安く設定している場合が多く、一般的に利用されるサイズの規格となっているのです。

ファミレスのサラダバーやドリンクバーにミニのぼりはいかがでしょう?

勉強や仕事の場として一人で利用したり、友達やカップルが
おしゃべりをゆっくり楽しむ場として人気が高いファミレスは、
サラダバーやドリンクバーを目当てに行く人もたくさんいます。

ドリンクバーで好きな飲み物をたっぷり飲みながら、おしゃべりをするのが
とても楽しいと、学生や主婦の間でも人気があります。

アピール

また、サラダバーは、日ごろ野菜不足になりがちな男性や、
ダイエットを気にする女性など年代を問わず人気があります。

食事に来たお客様に、ファミレスのサラダバーやドリンクバーを
効果的にお知らせするミニのぼりはいかがでしょうか?

ミニのぼりは、テーブルに置いても邪魔にならないサイズながら、
アピール力があるので、食事と一緒におすすめすることができます。

目を引く

のぼりと同じデザインなら、かわいいので、女性の目を引き、話題にもなりやすいのが
特徴です。

ミニのぼりを見ることで、印象に残り、次の来店の時に注文してくれる方が
いるかもしれません。

のぼり旗にイラストを入れるメリット

集める

のぼり旗を使用する理由はどういった所にあるのかというと、
集客を狙うためというのがあります。

例えばお店の前にのぼり旗を設置しておくことによって、そのお店が
目立つようにもなりますし、何のお店かというのがわかりやすくなってくるのです。

そういった理由からものぼり旗は設置しておく方がいいものと言えるでしょう。

そこでオリジナルののぼり旗を制作するのであれば、
どういったものを制作するといいでしょうか。

のぼり旗に入れられるものとしては、文字だけではなく
イラストも入れられるようになっています。

せっかくですので、イラストも入れるようにするといいでしょう。

わかりやすく

そうすることによってのぼり旗が目に飛び込んできたときに、
イラストがあればすぐに何をPRしたいのかがわかるようになります。

例えばお汁粉の絵があるのであれば、お汁粉のお店というのも
すぐわかるようになりますし、食欲もわいてくるようになります。

ですので、のぼり旗にはイラストも合わせてのせておくようにするといいでしょう。