効果を感じられるのぼり旗によく使用される規格

効果を発揮

のぼり旗にはいくつかのサイズが有ります。オリジナルのサイズを作ることも可能ですが一般的に使用されるものとしては小さい物で幅450mm高さ1400mm、大きな物で幅900mm高さ4000mmの物が有ります。そのなかでよく利用されるのが、幅450mm高さ180mmのものと幅600mm高さ1800mmのサイズです。

このサイズの規格は特に規定されているものではありませんが、のぼり旗の効果を考えると非常に理に適ったものです。のぼり旗は一般的に店舗前の歩道や駐車場の端などに並べて設置することが多く、等間隔に連続的に設置することで高い効果を発揮します。

歩道を歩く人や道路を走行する車から見えやすいように設置しますが、この高さが1800mm程度が最も視認性が高く、目に入りやすい高さであるためです。
また、一般的にのぼり旗を設置するポールの高さは約3m程度になっていることから、地面から1.2mのところが最も印刷面の下になり、庫の高さだと路肩の生垣等に遮られて見えなくなることが避けられるため、前面の文字が見えやすいという効果も有ります。

期待できる

幅については文字が見えやすく、風などで煽られても折れ曲がったりしない点を考えると、450mmまたは600mm程度が最も適度な幅となるため、高い効果が期待できる幅となるのです。
そのため、この大きさののぼり旗が非常に多く、実質として標準的な規格となっている面があります。数が大量に出ることから多くののぼり旗メーカーでは価格を安く設定している場合が多く、一般的に利用されるサイズの規格となっているのです。

ファミレスのサラダバーやドリンクバーにミニのぼりはいかがでしょう?

勉強や仕事の場として一人で利用したり、友達やカップルが
おしゃべりをゆっくり楽しむ場として人気が高いファミレスは、
サラダバーやドリンクバーを目当てに行く人もたくさんいます。

ドリンクバーで好きな飲み物をたっぷり飲みながら、おしゃべりをするのが
とても楽しいと、学生や主婦の間でも人気があります。

アピール

また、サラダバーは、日ごろ野菜不足になりがちな男性や、
ダイエットを気にする女性など年代を問わず人気があります。

食事に来たお客様に、ファミレスのサラダバーやドリンクバーを
効果的にお知らせするミニのぼりはいかがでしょうか?

ミニのぼりは、テーブルに置いても邪魔にならないサイズながら、
アピール力があるので、食事と一緒におすすめすることができます。

目を引く

のぼりと同じデザインなら、かわいいので、女性の目を引き、話題にもなりやすいのが
特徴です。

ミニのぼりを見ることで、印象に残り、次の来店の時に注文してくれる方が
いるかもしれません。

インクジェットでののぼり旗作成にかかる値段は?

個性的な宣伝をしていくために、オリジナルののぼり旗インクジェットを
専門業者に作成してもらうとなると気になるのは値段ですが、
まずは注文する枚数によって変わる場合があるということを
覚えておくと良いでしょう。

例えば、1枚から9枚であれば1枚あたり1,300円ぐらいですが、
30枚ぐらいであれば1枚あたり1,200円ぐらいにあるといった感じです。

お得に

これぐらいであれば少ししか金額差はありませんが、
のぼり旗インクジェットは納期のタイミングによっても
金額差が生じますので、次はその点を覚えておくと良いでしょう。

のぼり旗インクジェットは、早く手に入れようとすればするほど
金額が高くなるものです。出荷が遅くても良いという人は、
そういったプランを選択すれば、安く済みます。

まったく急いでいないのに、急ぎのプランや通常の発送プランで注文するのは
もったいないですから、ゆっくり出荷する安いプランを選択して注文すると良いでしょう。

仕方

そして、のぼり旗インクジェットの値段が決まるもう1つの重要なポイントとなるのが、
データの用意の仕方です。オリジナルのデータでのぼり旗インクジェットを作ってもらうと
なると、まずはデータを入稿しなければなりませんが、用意の仕方によって
数千円単位で費用が変わってくるのです。

お金がかからないのは、イラストレーターを使って作ったデータを入稿するという方法です。
逆にお金がかかってしまうのは、エクセルデータや手書きでデータ入稿をした場合です。

のぼり旗にイラストを入れるメリット

集める

のぼり旗を使用する理由はどういった所にあるのかというと、
集客を狙うためというのがあります。

例えばお店の前にのぼり旗を設置しておくことによって、そのお店が
目立つようにもなりますし、何のお店かというのがわかりやすくなってくるのです。

そういった理由からものぼり旗は設置しておく方がいいものと言えるでしょう。

そこでオリジナルののぼり旗を制作するのであれば、
どういったものを制作するといいでしょうか。

のぼり旗に入れられるものとしては、文字だけではなく
イラストも入れられるようになっています。

せっかくですので、イラストも入れるようにするといいでしょう。

わかりやすく

そうすることによってのぼり旗が目に飛び込んできたときに、
イラストがあればすぐに何をPRしたいのかがわかるようになります。

例えばお汁粉の絵があるのであれば、お汁粉のお店というのも
すぐわかるようになりますし、食欲もわいてくるようになります。

ですので、のぼり旗にはイラストも合わせてのせておくようにするといいでしょう。

のぼり旗インクジェットで印刷を依頼した場合に納期は?

のぼり旗インクジェットの注文をした時に気になることといえば金額のことですが、
人によっては納期が気になるという場合もあるでしょう。

急ぎでのぼり旗インクジェットを手に入れたい時には、
なるべく早く発送してもらいたいものです。

急ぐ

なお、オリジナルのデザインののぼり旗インクジェットを注文した場合には、
通常だと5営業日ぐらいに発送手続きをしてくれるものです。

通販サイトでは、翌日に届くように手続きをしてくれたり、
当日に届くように手続きしてくれることもありますから、
5営業日だとタイミング的に遅いと感じてしまう人もいるでしょう。

土日は休業日で手続きを行わないという業者もありますから、
土日をまたいで注文を終えた場合には、6日後の発送になってしまうことになり、
随分と遅く感じてしまうことでしょう。

イベント当日に間に合わないということが出てくることもあるでしょうから、
気を付けておきたいところです。

ちなみに、叔父デザインののぼり旗インクジェットの納期として
とても早い対応というのは、翌営業日の発送です。

月曜日に注文・校正が完了した場合には火曜日の発送となり、
金曜日でも月曜日の発送となりますから、かなり早く
のぼり旗インクジェットを受け取ることができると言えます。

タイミング

ただし、急ぎで発送をしてもらう場合には、特別料金が発生することがありますので
注意しておきたいところです。

本当に急ぎで送ってもらわないとまずいという時は仕方ないですが、
受け取るタイミングに関して余裕があるのであれば、通常のプランで十分でしょう。

通販ののぼり旗の用途も色々

宣伝

通販で購入できるのぼり旗は、様々な用途に使うことができます。
一般的なのぼり旗の用途は、店舗の店先に設置する使い方です。

街中にあるコンビニやドラッグストア、ファミレスなどの前には、
のぼり旗が設置されています。

売りたい商品や店舗のアピールポイントを印刷することによって、
店先を歩く通行人や車を運転中の人に宣伝することができます。

のぼり旗には高い集客効果と認知効果があるとされるので、
最も一般的な使い方です。
通販で購入したのぼり旗は、イベントを開催するときにも使われています。

神社のお祭りや商店街の催しなど地域のイベントから、コンサートや
スポーツ大会など大規模イベントまで、規模の大小は関係ありません。

会場となっている場所やその周辺に設置して、イベントを盛り上げています。
さらに通販で購入できるのぼり旗は、交通安全や防犯目的でも使われています。

交差点などにドライバーへの注意喚起のために設置したり、空き巣やひったくり注意など
防犯目的で設置することによって、人々の安全を守る役目もあるのです。

通販で気軽に購入できるようになったので、様々な場所で使われています。
様々な用途に使われていることから、のぼり旗の通販では数多くのデザインが
用意されています。

目的に合ったデザインののぼり旗を購入するのも良いですし、
オリジナルで制作することも可能です。

通販で購入するときは、目的に合わせてデザインを選ぶことによって、
設置したときの効果を高めることもできます。

目的

激安でのぼり旗インクジェット印刷をしてもらうには

のぼり旗インクジェットを注文する際には、ネット通販サービスを利用することになります。

ネットから必要となるデータを入稿することで、様々な手間を省くことになります。
その結果、激安で仕上げてくれるサービスが多くあります。

元々ネット通販サービスは料金が安く設定されていますが、さらに工夫することにより
激安でのぼり旗インクジェットを利用することが可能です。

安く

まず必要とするデータですが、多くのサービスはあらゆる種類のデザインソフトに
対応しています。けれども中にはソフトを限定して入稿を受け付けているサービスがあります。

このようなサービスでは、比較的料金を大幅に安くしているケースが多く見られます。
また、デザインのテンプレートを用意するサービスもありますが、自分でデザインを
行うことでデザイン料を抑えることになります。

また、のぼり旗インクジェットで使用する生地は色々とありますが、最も安価なものを
選ぶことも必要です。もちろん耐久性は落ちますが、作り直すサイクルを早めることで
集客力を高めることができます。

抑える

あるいはチェーン店などが多い場合には大量にのぼり旗インクジェットを頼むことになります。

その場合にはシルクスクリーン印刷を頼むことで、単価を下げることができます。
このように幾つかの工夫をすることで、安く利用できる通販サービスでさらに
激安料金で仕上げることが可能となります。

もちろん、宣伝効果を考慮して注文することが大切です。